第四回中国イノベーションチャレンジ試合(天津経済開発区)閉幕

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-12-12 08:36

未命名

選手は決勝戦で自分の試合問題解決案を紹介している。 記者 賈成竜 撮影


 最近、第四回中国イノベーションチャレンジ試合(天津経済開発区)及び2019第六回泰達イノベーション創業チャレンジ試合の決勝戦が成功的に開催された。各区の科学技術主管部門の指導者、科学研究院及び業界専門家、需要企業及び技術移転機構の代表など約100人、全国の各大学及び科学研究院からの30組の青年参加チームがイノベーションの盛大な宴に参加した。

 決勝戦の現場では、選手たちは十分に実力を発揮し、素晴らしいロードショーと完璧な答弁を通じて試合問題解決案を提示した。激しい競争を経て、最終的にはSnowCloud、ラブレター、得邁起碩、泰凡科技、車来車往、辛巴達科技が優勝した。得邁起碩と辛巴達科技が需要企業と初歩的な合意意向を達成した。

 今回の大会は科学技術部トーチハイテク産業開発センターを指導機関とし、天津市科学技術局、天津経済技術開発区管理委員会が主催し、天津泰達科技発展グループ有限公司、天津経済技術開発区科学技術局、天津市ハイテク成果転化センターが共同で運営したものだ。試合は「技術ドッキング、ランキングと競争」の方を通して、国内外に向けて需要発表とドッキングを行い、「衆知を集め、難問を解決」という理念を持ち、企業の問題を解決し、革新のコストを削減するとともに需要と技術の正確なドッキングを実現し、科学技術成果の移転を促進し、区域産業の経済発展を促進し、良好な科学技術成果の移転生態を形成することを目指している。関係者によると、8月にスタートして以来、今回の試合には全国の高校院、科学研究機関、革新企業から有効な方案が百件以上届き、技術ドッキング、企業訪問などの活動が十数回行われ、大学の重点実験室と科学研究院から数多くの革新的な人材を発見したという。

 将来、天津経済技術開発区、天津泰達科技発展集団有限公司は引き続き十分に主観的能動性を発揮し、持続的に力を入れ、「科学研究懸賞+研究開発クラウドソーシング」の新型プロジェクト組織と資金援助モデルを形成し、さらに需要ガイド、産学研一体化の協同革新メカニズムを模索し、科学技術成果及び専門技術と企業需要との性格なドッキングを促進することによって、企業の実際の問題を解決し、地方の科学技術計画の改革と地域間の協同革新の発展を推進し、革新の成果を共有する。記者 張文弟


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号