天津港保税区、「二度目の飛躍」のエネルギーが強い

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-12-17 06:14

 天津港保税区は天津市の革新型企業のリーダーシップ計画を積極的に実行し、科学技術企業のバンクを創立し、企業の革新型主体としての地位を強化し、科学技術型企業と革新型企業の高品質な発展を全力で育成し、支援している。

 企業の自主的革新能力を絶えず向上させ、科学技術サービスシステムの建設を継続的に充実させ、複数のインテリジェント科学技術プラットフォームを構築し、区域のイノベーションの雰囲気を向上させ、鷹のひよこ企業とガゼル企業の発展のために肥沃な土地を用意する。今年は12社の企業が天津市のガゼル企業に、80社の企業が鷹のひよこ企業に入選され、数が天津市を先駆けている。

 近日、天津港保税区管理委員会の関係者によると、今年、保税区は全部で12社の企業がガゼル企業、80社の企業が鷹のひよこ企業に入選され、数が天津市を先駆けているという。これらの革新型企業は天津港保税区の経済発展の新しいエンジンとなり、保税区の「二度目の飛躍」を実現するために科学技術革新の力を蓄積している。

 今年、天津は革新型企業のリーダーシップ計画をスタートさせ、人工知能、バイオ医薬、新エネルギー・新材料などの戦略的新興産業に焦点を合わせ、「タカのひよこ-ガゼル-科学技術リーダー」企業の段階的な支援システムを構築し、現代化経済システムの建設を加速させ、新旧エネルギーの転換を促進してきた。認定された関連条件に合致したガゼル企業に対して、天津市財政は一回で20万元の現金奨励を与える。認定された関連条件に合致した鷹のひよこ企業は、市財政資金の5万元の銀行利息賞金を受けることができる。

 この間、天津港保税区は天津市の革新型企業のリーダーシップ計画を積極的に実行し、科学技術企業のバンクを創立し、企業の革新型主体としての地位を強化し、科学技術型企業と革新型企業の高品質な発展を全力で育成し、支援してきた。保税区科学技術と工業創新局の関連責任者によると、ガゼル、鷹のひよこに入選されたことは企業の加点ポイントであり、「現金」の財政支援以外に、より多くの人に企業の発展優位性と価値を見せることによって、企業の革新的な資源、産業資源の深化とドッキングを推進することができるという。

 今年の天津市第一陣の鷹のひよこ企業、ガゼル企業の発表会では、保税区のガゼル企業である正麗科技と鷹のひよこ企業である鯨宇科学技術は、それぞれ「卓越イノベーション賞」と「発展潜在力賞」を受賞した。正麗科技は2014年9月に設立され、研究開発、生産、販売を一体化するステルス歯矯正製品を主に取り扱う医療器械の企業であり、すでに1億元のベンチャーキャピタル投資額を獲得している。鯨宇科技は2015年9月に設立され、ARとホログラフィック映像技術の研究開発を主に取り扱う企業であり、中国革新型創業コンクールの三等賞を受賞した。この二軒の企業はいずれも国家ハイテク企業の認定を通過している。

 これまで、企業の自主的革新能力を絶えず向上させ、科学技術サービスシステムの建設を継続的に充実させ、複数のインテリジェント科学技術プラットフォームを構築し、区域のイノベーションの雰囲気を向上させ、鷹のひよこ企業とガゼル企業の発展のために肥沃な土地を用意してきた。記者 戦旗


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号