前10カ月、新区市場主体のインタネット登録率が96.48%に達し

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-12-17 06:15

 昨日、新区市場監督管理局の関係者によると、今年新区は「多証合一、一ライセンス一コード」、名称自主申告、簡易キャンセル、全プロセス電子化登録、電子営業許可証、証照分離などの改革措置を徹底的に実施し、企業投資創業の制度的コストをさらに削減してきたという。そのうち、今年新区は全プロセスの電子化登録を積極的に推進し、「最大で一回」の改革を積極的に実行してきた。1-10月に、全プロセスス電子化登録を行った市場主体が34003軒で、ネット登録率が96.48%に達し、ペーパレス登録の市場主体が24646軒で、69.93%に達した。同時に、新区は企業簡易キャンセル改革試行をさらに充実させ、簡易キャンセルの適用範囲を拡大し、簡易キャンセル公告時間を短縮させ、フォールトトレラントシステムを構築し、企業の早期撤退をサポートし、新区のビジネス環境をさらに最適化するとともに、全市における実施にコピー可能な経験を提供するための基礎を打ち立てた。

 また、新区は今年、天津自由貿易区の東疆エリアで経営範囲規範化申告の試行作業を開始し、審査の効率を大幅に向上させた。企業のインタネットワンストップ式サービスの開通を全面的に推進し、企業の開通時間をさらに短縮させし、3日の営業日を1日の営業日に短縮させ、最大で一回または一回も来ることないように実現した。記者 張広艶


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号