新区のクロスボーダー電子商取引業界、発展が強い

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-12-20 07:08

微信图片_20191220070638

新区のクロスボーダー電子商取引輸入プラットフォーム、今年「双11」期間の業務量が大幅に成長 記者 賈磊 撮影

 序文

 2019年、浜海新区は新たな発展理念を真剣に貫き、京津冀協同発展における影響促進作用を十分に発揮し、産業の全面的なモデルチェンジ・アップグレードを加速させ、高品質発展の道を着実に歩み、堅実に進んだ。浜海新区の経済がどのように困難を克服し、安定して遠くまで行くか、本紙は今日から年末の経済活動の総括報告を開始し、新区の産業革新、モデルチェンジ・グレードアップ、拡大開放などの面に焦点を当て、現場の生き生きとした事例を通じて、新区経済の新たな成果を十分に展示している。

 ◎2019年、新区のクロスボーダー電子商取引発展の勢いが強く、国内大型クロスボーダー電子商取引輸入プラットフォームと地元クロスボーダー電子商取引企業は成績を成し遂げた。統計によると、新区今年のクロスボーダーの総注文量は2570.42万件に達し、取引額は約44.19億元で、前年同期比で50%以上上昇し、通年または2700万件を突破した。

 ◎クロスボーダー電子商取引の発展は革新を離れてはならない。今年以来、新区はクロスボーダー電子商取引の発展特徴を結び付けて、様々な革新を試み、業界の発展を促進し、電子商取引チェーンをを改善した。現在までに、新区は130余軒の電気商取引プラットフォームとチェーン企業の供給を集めたが、たくさんのクロスボーダー電子商取引ボードとプラットフォームの新区進出を促進した。

 今、クロスボーダー電子商取引は天津港の「新しい名刺」になった。網易コアラ、小紅書など国内の大型クロスボーダー電子商取引の輸入プラットフォームは地元のクロスボーダー電子商取引と共に発展している。革新活動が次々と展開され、電子商生態チェーン元素の改善が続き、クロスボーダー電子商取引輸出プラットフォームが「北上」を開始する…間もなく終わる2019年、浜海新区クロスボーダー電子商取引発展の勢いが強い。

 統計によると、新区の今年のクロスボーダー電子商取引の総注文量は2570.42万件、取引額は約44.19億元に達し、前年同期比で 50%成長し、通年で2700万件を突破する見込みだ。

 電子商取引の大手企業が著しい成果を成し遂げ

 地元企業も追いつき

 近年、新区のクロスボーダー電子商取引業界はハードウェアの建設もソフトウェア環境も日増しに成熟し、企業経営に良好な運営環境を提供してきた。クロスボーダー電子商取引輸入プラットフォームの大手企業は新区を国内最重要の仕分け基地に選んだ。これまでに、新区には約130軒の電気商取引プラットフォームと供給チェーン企業が集積している。それは商品種類の調整と在庫の深い掘り出しによって、業務量の急速な増加を実現した。新区商務と投資促進局の統計によると、今年の「双11」当日だけ、新区クロスボーダー電子商取引の注文申告量は159万件、取引額が3.25億元に達し、前年同期比で32.85%、16.1%増加し、区域内の天猫、京東クロスボーダー電子商取引はその全国港通関機能ランキングの中で、いずれも第一位となっている。

 「現在、私達が使っている保税倉庫の面積は前の2.5倍です。注文量も高速成長しています。現在、監督管理政策において、東彊倉庫の商品登録は機械の自動審査を実現し、商品の通関効率も大幅に向上した。ここの通関環境は華北地区で一番いいと言えます。」と網易コアラ天津区の責任者である崔俊傑さんが述べている。

 ペットフードも大手企業の商品の新成長ポイントとなった。「網易コアラや天猫など、ペットフード分野とても重視しています。去年の年末から東彊は北中国始めてのクロスボーダー電子商取引保税備品モデルのペットフード輸入業務を完成した。これから一年間の発展を経て、ペットフードの輸入業務が急成長し、これまでに、輸入額がすでに1億元を突破しました。」と東疆保税港区の関連責任者が述べている。

 輸入プラットフォームの大手企業の業務が勢いを増していると同時に、今年以来、本土のクロスボーダー電子商取引企業も市場の需要を見込み、関連サービスをしっかりと行い、良い経営実績を成し遂げた。東疆の赫陽泓泰を例にすれば、今年、そのクロスボーダー電子商取引公共倉庫が利用開始し、より多くのクロスボーダー電子商取引企業に倉庫保管物流サービスを提供することができる。また、その会社はオンラインの「to C」プラットフォームを作り上げ、京東などの大型プラットフォームメーカーと卸売提携を結び、いい成果を収めた。

 さまざまなイノベーションイベントが開催され

 発展チェーンが改善され

 クロスボーダー電子商取引企業の発展は革新と離れてはならない。今年以来、新区はクロスボーダー電子商取引業界の発展特徴と結び付け、様々な革新を試みて、電子商取引チェーンの改善を促進した。

 例えば、東疆は特殊な監督管理区域として、以前は貨物のコントロールを保障するために、区域内のクロスボーダー商品は自由に流動できないようにしていた。速達会社は商品を各倉庫から保税港区の外に運送し、自分の集散基地で目的地に配分しなければならなかった。これは商品の折り返しだけでなく、商品が集中していないため、保税港区から目的地までの物流の直行が実現できない。そのため、東彊税関は重点ノードのリスクを整理し、新たな監督管理モデルを模索していた。税関の監督管理の下で承諾制が導入され、商品が保税区内で運送、流通することができるようになった。先日、全国初のクロスボーダー保税区内の仕分けセンターが東疆に建設された。各物流会社の仕分け業務を保税港区内に前倒しして、「一車で一地に送る」ことを実現し、物流の効率を向上させた。

 また、新区も引き続きクロスボーダー総合サービスプラットフォームを最適化させ、作業保障方案を作成している。注文生産段階では、税関追跡に陣原コードのラベル管理がグレードアップしたため、注文ごとに10秒の人工操作時間を節約できる。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号