新区未来の発展を見込み 輸出プラットフォームが「北上」

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-12-20 07:08

 市場が成熟しつつあるクロスボーダー輸入に比べ、クロスボーダー輸出プレートは大きな潜在的なビジネスチャンスを持っている。関係者によると、現在、中国のクロスボーダー輸出市場の重点は江浙、広州・深センを代表とする南方に集中しており、市場規模、戦略配置などの要素によって牽引され、一部の大きなプラットフォームは「北上」を始めている。これも新区の伝統的な対外貿易輸出企業に市場のビジネスチャンスを提供している。

 「京津冀は伝統的な貿易加工基地です。今後はより多くの北方の生産企業がクロスボーダー電子商取引輸出分野に参加することを期待しています。それは企業の輸出に新しいルートを提供します。」と新卵情報技術(中国)有限公司のグローバルマーケティング総裁アシスタントの陳剛氏が述べている。

 天津浜海新区クロスボーダー電子商取引協会会長の孫春華氏によると、京津冀地区は伝統的な対外貿易加工及び貿易基地として、今年以来、新し卵、アマゾン、舜天科技などのクロスボーダー電子商取引輸出チェーンにおける大型プラットフォーム、サービス業者も北中国の市場を見込むようになり、「北上」の歩みを踏み出した。ますます多くの新区加工類企業もチャンスをつかみ、クロスボーダー輸出を伝統的な対外貿易のモデルチェンジ・グレードアップの重要な方向とブランド国際化の重要なルートと見なしている。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号