イノベーションボーナス、天津自由貿易区の新業態を育成・拡大

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2019-12-22 11:37

 ■リース業においては、融資リース監督制度の革新を実施し、リース資産取引、税関異地監督管理、税金保証方式、通関申告などの問題を解決し、全国融資リース産業の政策空白を補った。

 ■並行輸入自動車の面においては、天津税関は全国範囲で率先して通関作業のプロセスの利便化、保税倉庫、税関集中検査評価、サードパーティーの結果信用などの制度措置を実行している。平均運行時間は51.7時間減少し、1台当たりの車の平均物流コストは1000元ぐらい節約した。

 ■クロスボーダー電子商取引では、天津税関は全力で企業の海外倉庫設立をサポートし、菜鳥、京東、網易、小紅書などの業界先導的企業はすでに天津に加入した。

 ■ハイエンドメンテナンスの再製造においては、航空保税修理監督モードの革新を推進し、メンテンナンス主体及び航空材料に対して保税措置を行い、一台の飛行機は1100万元の保証金を減少させることができる。実際に出国調整の制限をキャンセルし、企業の生産運営コストを大幅に低減する。

 ■「輸入重量箱の船端から倉出し」などの海運物流の通関改革を実施した。改革実施後、各冷蔵コンテナは100元から300元の費用を節約することができ、輸入貨物の全体的なケース使用時は平均3時間以内で、約50%の貨物は2時間以内で、企業に本当に「税関速度」の利益ボーナスを与えた。

 19日、天津税関の関係者によると、今年以来、天津税関は制度の革新を中心とし、天津自由貿易区の各試行任務を着実に推進してきた。統計によると、現在、国務院は5回の自由貿易地区改革の試行経験を発表している。そのうち、天津税関に関わるものは52件だった。天津税関は50件をコピーし、55件の自主的創造革新措置を打ち出した。そのうち、9件の制度はサードパーティー機関によって全国初と評価され、4件の革新的措置は全国でコピー、普及された。

 関係者によると、天津税関は特に天津自由貿易区の新型業態の発展と拡大をサポートする。例えば、リース業においては、融資リース監督制度の革新を実施し、リース資産取引、税関異地監督管理、税金保証方式、通関申告などの問題を解決し、全国融資リース産業の政策空白を補った。現在、天津自由貿易区内の各種リース会社は3600社を超え、リース資産が合計で1.3兆元を超えてる。飛行機リース、国際船舶の運航、海上石油掘削プラットフォームの数はいずれも全国の80%以上を占めている。天津自由貿易区の東疆エリアはアイランドに次ぎ、世界第二の飛行機リース集積地となった。並行輸入自動車の面においては、天津税関は全国範囲で率先して通関作業のプロセスの利便化、保税倉庫、税関集中検査評価、サードパーティーの結果信用などの制度措置を実行している。平均運行時間は51.7時間減少し、1台当たりの車の平均物流コストは1000元ぐらい節約した(第二面に続く)(第一面より続く)クロスボーダー電子商取引では、天津税関は全力で企業の海外倉庫設立をサポートし、菜鳥、京東、網易、小紅書などの業界先導的企業はすでに天津に加入した。今年1-10月、天津市は2153.27万件のクロスボーダー電子商取引小売り輸入製品の申請を受け、前年同期比で60.23%上昇した。「双11」の当日、輸入リストは159万件に達し、前年同期比で32.85%に達した。

 また、ハイエンドメンテナンスの再製造においては、航空保税修理監督モードの革新を推進し、メンテンナンス主体及び航空材料に対して保税措置を行い、一台の飛行機は1100万元の保証金を減少させることができる。実際に出国調整の制限をキャンセルし、企業の生産運営コストを大幅に低減し、天津自由貿易区の航空メンテンナンス、再製造業界の高速成長を発展させるために堅実な基礎を打ち立てた。これまでに、天津市はすでに航空、船舶、大型エンジン、電子設備などの分野で保税修理プロジェクトを展開している。今年の前の10月に、天津税関は全部で国内外のメンテナンスを2176件取り扱いま、商品価値が3.01億元に達した。現在、税関も積極的に工事機械、デジタル制御工作機械、通信設備などのハイテク含有量、高付加価値の保税修理再製造プロジェクトを展開し、政策ボーナスを最大限に釈放している。

 また、天津税関の関係者によると、今年1-11月の天津港で輸出入の全体通関時間はそれぞれ36.95時間と3.26時間で、2018年12月の40.57時間と6.36時間に比べてそれぞれ8.93%、48.73%短縮された。今年の11月だけで、輸入出全体の通関時間は前月比でそれぞれ32.07%、5.6%短縮され、港の通関効率をさらに向上させた。今年以来、天津税関は「輸入重量箱の船端から倉出し」などの海運物流の通関改革を11件実施し、「勢いに乗ず、取り入れ」の物流監視管理理念を改革の実践に取り入れ、埠頭が税関の指令でによって一度に箱を落とす場所、吊り作業などの埠頭作業を配置し、企業の繰返しの転載環節を減少させ、未来のスマート港とあうような「制御中枢」を構築した。「輸入重量箱の船端から倉出し」などの海運物流の通関改革を実施した。改革実施後、各冷蔵コンテナは100元から300元の費用を節約することができ、輸入貨物の全体的なケース使用時は平均3時間以内で、約50%の貨物は2時間以内で、企業に本当に「税関速度」の利益ボーナスを与えた。   記者  趙賢鈺


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号